2018年04月

★半次郎の実際の買い目をメール配信します。
レース結果と詳細はこちらから


最強競馬ブログランキング
というものに参加してみました。
お手数ですがクリックで
応援いただけると助かります。


競馬ブログランキングへ


よかったらフォローしておいてください。
馬並半次郎のtwitter


★4週コースがお得!
半次郎のメール配信はこちらから
レース結果と詳細はこちらから


本日のメール配信結果

京都11R G1天皇賞春 不的中


出先ですので結果報告だけ。


レインボーラインが心配ですが・・・。
明日詳しく回顧します!


NHKマイルの要注目馬は

以下をクリックでご確認ください。
 ↓


 

★半次郎の買い目をメール配信します
勝負馬券の配信お申し込みはこちらからどうぞ
レース結果と詳細はこちらから

人気ブログランキングに参加しました。
こちらもクリックしていただけると嬉しいです♪


競馬ブログランキングへ

★半次郎の実際の買い目をメール配信します。
レース結果と詳細はこちらから


最強競馬ブログランキング
というものに参加してみました。
お手数ですがクリックで
応援いただけると助かります。


競馬ブログランキングへ


よかったらフォローしておいてください。
馬並半次郎のtwitter


★4週コースがお得!
半次郎のメール配信はこちらから
レース結果と詳細はこちらから


本日のメール配信結果

新潟11R 邁進特別 不的中

東京11R 青葉賞 不的中


本日は2レース提供して的中なしの結果。


青葉賞では前日まで印を打っていた
2着15エタリオウを当日になって消す大チョンボ。


騎手の乗り替わりが気になってしまったのですが
あれがなければ三連複万馬券は拾えてたはずで
メール読者様には本当に申し訳ないことを。。


今月はいい予想をお届け出来ておらず
苦しい結果が続いてしまってますが
今月ラストの明日、なんとかG1天皇賞的中で
締めくくれるよう頑張ります。


さてそのG1天皇賞春では
意外な馬の”複勝”が売れております。


複勝だけが売れてるということは
勝つのは無理だけどなんとか2,3着なら、と
思ってるファンが多いということですね。


この馬が絡めば三連単は10万超えですので
半次郎も100円購入で楽しみます。


ヤマカツライデンから離れた2~3番手に着ければ
案外面白い馬なのではと思いますよ。


天皇賞春で複勝の売れてるこの馬は
以下をクリックでご確認ください。
 ↓


 

★半次郎の買い目をメール配信します
勝負馬券の配信お申し込みはこちらからどうぞ
レース結果と詳細はこちらから

人気ブログランキングに参加しました。
こちらもクリックしていただけると嬉しいです♪


競馬ブログランキングへ

★半次郎の実際の買い目をメール配信します。
レース結果と詳細はこちらから


最強競馬ブログランキング
というものに参加してみました。
お手数ですがクリックで
応援いただけると助かります。


競馬ブログランキングへ


よかったらフォローしておいてください。
馬並半次郎のtwitter


★4週コースがお得!
半次郎のメール配信はこちらから
レース結果と詳細はこちらから


こんにちは半次郎です。


今日も天皇賞春に向けて各馬の診断をしていきたいと思います。


・シュヴァルグラン
前走、始動戦だったG1大阪杯は13着という着順ながら誰もが思ってるようにここはただの叩き台。例年ですと阪神大賞典を使って天皇賞春に臨んでましたが3000mを使うよりは疲労が少ないとG1大阪杯をチョイス。ここを使った後は宝塚記念には向かわないというローテで、鞍上も去年ジャパンカップを勝った時と同じボウマン騎手を早めに確保するなどまさにここ1本に照準を合わせて来てます。”史上最低メンバー”とも言われてる今年の天皇賞春。大外にでも入らない限りは馬券内はあるのでしょうか。


・ガンコ
去年の暮れには障害の練習をしていたこの馬。障害の為に芝レースを使ってみるとあれよあれよと連勝して半年もたたないうちにG1天皇賞の舞台に立つとはこの馬にかかわっていた全員が驚いているのでは。陣営は『障害の練習をしていて(体が)強くなった』と申しておりますが前走日経賞でも逃げから2番手に下がるもそのまま押し切る強い競馬を見せてくれました。この馬が馬券になるにはヤマカツライデンなど行きたい馬を行かせておいてその後ろのポケットが取れるかどうかでしょう。そこがうまく取れれば馬券内に近づいていくと思います。


・チェスナットコート
前走日経賞で三連単13万馬券をお届け出来たレースの本命馬。前走が重賞初挑戦だったようにメンバー随一のキャリアの浅さを勢いで乗り切れるかどうか。天皇賞春御用達血統のハーツ産駒のこの馬ですが母系に短距離血統が入ってるのは好感が持てます。ハーツ産駒でも母系に短距離が入るとスピード勝負になりやすいこのレースに合うんですよね。馬群を縫って出てこれる根性もありますしこの馬軽く見ない方がいいですよ。あとは蛯名がもう一枚前でレースが出来るかどうか。


・トーセンバジル
前走は海外帰りの初戦で仕上げていないままの出走でしたが掲示板は確保と一応の恰好はみせました。当然ここが目標ですから度外視できる敗戦です。また前走に引き続きデムーロが手綱を取るのも怖いところ。前哨戦で間隔を試し本番激走というシーンはもう何度も見て来てますから当然ここでもあまり軽い扱いは危険ですよね。


レインボーラインなど他の馬の
天皇賞春の出走馬診断その1はこちらから
こちらからどうぞ


さて天皇賞春ではある条件で出走の馬が
過去5年で0-0-0-20と大不振。


今年このデータに該当する馬は
シュヴァルグランなど実に8頭も該当しますので
必ずチェックしておいてください。


天皇賞春の最悪データは
以下をクリックでご確認ください。
 ↓


 

★半次郎の買い目をメール配信します
勝負馬券の配信お申し込みはこちらからどうぞ
レース結果と詳細はこちらから

人気ブログランキングに参加しました。
こちらもクリックしていただけると嬉しいです♪


競馬ブログランキングへ

★半次郎の実際の買い目をメール配信します。
レース結果と詳細はこちらから


最強競馬ブログランキング
というものに参加してみました。
お手数ですがクリックで
応援いただけると助かります。


競馬ブログランキングへ


よかったらフォローしておいてください。
馬並半次郎のtwitter


★4週コースがお得!
半次郎のメール配信はこちらから
レース結果と詳細はこちらから


こんにちは半次郎です。


今日から天皇賞に向けて各馬の診断をお届けしていきますので週末に向けて宜しくお付き合いください。

今日は前走阪神大賞典組です。


・レインボーライン
前走の阪神大賞典では岩田騎手の早め抜け出しから押し切る強い競馬を見せてくれました。この馬のいいところは”パワー競馬”が出来ることです。そういった意味で言うとスタミナ勝負になる阪神大賞典とスピード勝負になりがちな天皇賞春では少し適性が違うかもしれません。もちろん3000m未満の闘いしかしていないメンバーの多い今年の天皇賞春ならば貫録で馬券になる場面もあると思いますが強気で買いに行けたのは前走でしたね。


・サトノクロニクル
京都成績2-1-0-1という京都巧者。着外の1戦は不良馬場だった菊花賞だけですからここはノーカウントと考えてもいいでしょう。この馬相当にズブイ馬なのですが京都の下り坂で加速しながら直線に向いていく先方が合ってるんでしょうね。ただズブイだけにスローからの瞬発力勝負になるとこの馬には勝ち目はないでしょう。今回は前に行く馬が揃い、流れる展開にはなりそうで一発あってもおかしくないと思います。


・クリンチャー
武豊騎手の騎乗停止により三浦皇成騎手へ乗り替わり。前走阪神大賞典ではかかりっぱなしでよく3着まで来たな、といえるレースですが裏を返せばかからなければ余裕で勝っていたともいえるレース。ただ今回のような多頭数競馬になると他馬から寄られたり接触したりするとかかってしまう気性の持ち主のこの馬がスマートなレース運びが出来るかどうかがカギになるでしょう。あとは武豊騎手でさえなだめるのに苦労したこの馬を三浦騎手が上手くなだめられるかどうか。ちなみに三浦騎手の今年の関西圏の成績は0-1-1-13で馬券に絡んだレースは未勝利戦と500万クラスで1000万クラス以上は馬券に絡めていないのですが今年の春のG1で既に馬券に2回絡んでいるのを忘れてはいけない騎手。


・アルバート
ステイヤーズSを3連覇するなどメンバー随一のステイヤー。前走阪神大賞典は4着も堀厩舎のメイチサインは前哨戦・日本人騎手→本番・外国人騎手ですからメンバーの薄い今年の天皇賞春なら、と陣営も思ってるのでは。いつもは後方ズドンの戦法を取ってきますが先週もモズアスコットで先行策をとってきたルメール。また何かやってくるかもしれません。


と、今日は前走阪神大賞典組の診断を記事にしましたが、その前走阪神大賞典の回顧記事では上記の馬に対してこんなことを書いておりました。

・次回(天皇賞春)は買いにくい・・。
・次走以降も狙って行った方がいい
・外国人騎手だったら・・・

と前走のレースぶりを踏まえ
今回の参考になりそうな回顧記事。
馬券予想のお力になれれば幸いです。
その記事はこちらからどうぞ
その記事はこちらからどうぞ
その記事はこちらからどうぞ


さて天皇賞春、出走メンバーの中で
一週前調教ラスト11秒6の猛時計を出した馬がこちら。
体調も上がってるようですし要チェックですよ。


天皇賞春の一週前好調教馬は
以下をクリックでご確認ください。
 ↓


 

★半次郎の買い目をメール配信します
勝負馬券の配信お申し込みはこちらからどうぞ
レース結果と詳細はこちらから

人気ブログランキングに参加しました。
こちらもクリックしていただけると嬉しいです♪


競馬ブログランキングへ

★半次郎の実際の買い目をメール配信します。
レース結果と詳細はこちらから


最強競馬ブログランキング
というものに参加してみました。
お手数ですがクリックで
応援いただけると助かります。


競馬ブログランキングへ


よかったらフォローしておいてください。
馬並半次郎のtwitter


★4週コースがお得!
半次郎のメール配信はこちらから
レース結果と詳細はこちらから


こんにちは半次郎です。


他のブロガーさん達が天皇賞に向けた記事をアップしてる中、本来なら月曜日にこの記事を掲載しなければなりませんでしたが諸事情により1日遅れてしまい申し訳ないです。それでも回顧記事というのは次に繋がるものですからきちんと感想含め記事にしていきたいと思います。


それでは本日は土日3重賞の回顧記事。
宜しくお願いします。


・福島牝馬S

1着キンショーユキヒメ
福島の短い直線を一気のごぼう抜きで快勝。
秋山では追えないと買い目から切りましたが
完全に裏目に出ました。
ただここを勝ってもG1どうこうの馬じゃないですね。


2着カワキタエンカ
1000m59秒という速い時計で逃げ、
最後もデンコウアンジュを差し返しての
2着ですからここでは地力が違ってました。
今後もメンバー次第で馬券になりうる馬ですので
しっかり見ていきたいです。


3着デンコウアンジュ
この馬も買い目から切っておりましたが
レース前の馬体重発表では-14キロ。
この瞬間やられたと思いました。
G1出走へ賞金が足りないのはわかってましたが
まさかここまで仕上げてくるとは。
次は買いにくいですよねー。


・マイラーズC

今週一番悔しかったレースがこのレース。
メールで解説した通りの展開となり
その結果、完全的中を獲り逃がす事態に。
読んでいたなら柔軟な予想をしなければと
大いに反省するレースでした。

1着サングレーザー
休み明けの初戦でしたが1分31秒3というレコード決着を見事勝利。前でロジクライ・ベルキャニオン・モズアスコットが先行の流れを作る間は後ろで待機。この作戦が展開とバッチリ噛み合った感はありますがそれでもマイルCS3着から馬も成長してると感じました。この馬、まず去年ならこの時計で走れませんから。それにしても福永騎手は後ろで待機してると前が開く運は持ってます。福永騎手とはそういう男です。あ、馬は成長してます。強いです。


2着モズアスコット
メール配信では「ルメールだし早時掛けがあるかも。」と展開予想をしたのですがまさか道中2番手に付けてくるとは思いませんでした。逃げる格好になったロジクライの後ろで前にプレッシャーを与えつつ脚を使わせ、最後は安田記念出走へ向けた賞金加算の条件だった2着入選と最低限の仕事はしました。それといつもは後方からズドンというのがこの馬ですが昨日の走法で脚の幅が広がったのは大きな収穫だったと思います。あとまだ賞金順だと安田記念出走は心もとないので京王杯SCとか使ってくるんでしょうかね。その場合1番人気になりそうですが素直に狙った方がいいですね。


3着エアスピネル
何も言うことがないくらい安田記念に向けての競馬が出来ました。武豊騎手もレース後「反応が悪かった」と言ってましたがこの一叩きで変わってくるでしょう。


7着ロジクライ
逃げちゃいました。ベルキャニオンと先行争いに勝ってしまって逃げる形になったのですがあそこで控えていたらまた違った結果になったかと思いますね。レースのVTRを見るとベルキャニオンの後ろにいいポケットがあるんですよね~。あそこに入れていれば・・・。道中は終始モズアスコットに突っつかれてましたので最後はもう脚が残ってませんでしたね。川田騎手は絶好調だったはずですがこの土日はおかしな騎乗を繰り返しておりました。安田記念ではペルシアンナイトに乗ることが決まってますがあの馬は後ろからの馬ですよ。


・フローラS

本命オハナ、対抗オスカールビーでしたがそれぞれ13着14着と討ち死に。本当に申し訳ない予想になってしまいました。

1着サトノワルキューレ
出遅れ・スロー展開と位置的に絶望的な流れでしたが直線だけで15頭ごぼう抜き。まだ競馬が上手くない印象ですが完成度の低さは成長力の伸びしろがあるといった感じでしょうか。何しろあれだけの脚が長く使えますのでハマればオークスでも馬券になるかもしれません。デムーロは本番ではカンタービレとこの馬のどちらを選ぶんでしょうか。この辺も注目ですね。


2着パイオニアバイオ
外枠でしたがスローペースが功を奏して前につけることが出来たのがこの馬の好走の要因でしょう。実はこの馬、データ的には切る要素が何一つない馬でした。ただ買い材料も何一つなかったので馬券に入れるかどうするかかなり考えたのですが鞍上の乗り替わりが気に入らなくて買い目に入れなかったのですが・・・。普通に考えて石橋修からヨシトミ先生では大幅な鞍上弱化ですもんね。


3着ノームコア
8枠ということで馬券に入れませんでしたが2着パイオニアバイオと同じようにスローの恩恵を受けて楽に前につけたことが好走の要因です。


13着オスカールビー
スタートは良かったのですがすぐに他馬に挟まれて下げ、直線でも不利で下げ、レース後の蛯名騎手のコメントが「落ちなくてよかった」ですから全く競馬になりませんでした。今回は度外視出来る内容と見ますが蛯名もベテランなんですから「ぶつけられた」「不利があった」といつまでも言ってんなよ。。。と、この馬から馬券を買ってた人は思うはず。馬はいいと思いますからもうちょっと見ていたいです。


14着オハナ
レース前から珍しく発汗していて嫌な予感はありましたが道中も散々他馬に挟まれてましたから馬格のないこの馬にはきついレースになったと思います。少し休んで立て直してきてほしい馬です。


以上、簡単ではありますが3重賞の回顧でした。


さて今週のG1天皇賞春では騎乗停止になった武豊騎手の代わりに三浦皇成騎手がクリンチャーに乗り替わり。波乱要素がひとつ増えて楽しみではありますがそれだけ予想も困難になったということ。


波乱波乱といっても天皇賞春は枠勝負なところが多分にあるレースですから枠が出るまでは何とも言えませんが現時点で波乱というなら忘れてはいけないのがこの馬。


前走の敗因は道悪が原因であるとはっきりしていますしここ数戦の走りが以前のような後方一気ではなく前目につけて末を生かすような走りが出来てるのは内・先行有利の天皇賞春に於いてはいいところ。


忘れてると痛い目に合いそうですよ。


天皇賞春の要注目馬は
以下をクリックでご確認ください。
 ↓


 

★半次郎の買い目をメール配信します
勝負馬券の配信お申し込みはこちらからどうぞ
レース結果と詳細はこちらから

人気ブログランキングに参加しました。
こちらもクリックしていただけると嬉しいです♪


競馬ブログランキングへ

↑このページのトップヘ